薪ストーブ

アグニ

クリーンバーン+ツイン触媒のハイブリッド構造
Made in Japanの薪ストーブ

Made in Japanの薪ストーブで、ハイブリッドシステムによりクリーンバーンで不完全燃焼したガスを二つの触媒で再度燃焼させ、より熱効率を高めています。

独自のエアー調整機構を採用し、微量な空気量で針葉樹の長時間燃焼・完全燃焼を可能にしました。
全体に施されたストライプの溝は、アグニの存在感をもたらすと同時に放熱面積を増やすという暖房機能も重視したデザインとなっています。

創業1560年。時は群雄割拠の戦国時代。幾多の英雄たちがロマンを求め生き抜いていたとき、わが先人たちは岐阜の地で鋳造業を営み始め、以来450年以上つねに新しい技術と視点で時代が要求する「鋳物づくり」を目指してきました。

現在では「鋳造を核技術としたオリジナル製品づくり」をめざし、素形材のみならずデザイン、設計、精密加工、組立までの一貫メーカーとして、内外ユーザーの幅広いニーズにお応えしています。

クリーンバーンや触媒などの燃焼方式には、それぞれ長所があり短所があります。
それらの短所を克服したのがアグニ独自のハイブリッド構造です。
アグニのハイブリッドシステムは、クリーンバーンで不完全燃焼したガスがバッフル板を通過し、2つの触媒再度燃焼させることで、より熱効率を高めています。
独自のエアー調整機構を採用し、微量な空気量で針葉樹の長時間燃焼・完全燃焼を可能にしたのです。

※下の製品名や製品画像からは、AGNI「アグニ」webサイトの製品紹介ページへリンクしています。

AGNI-C

針葉樹燃焼も可能にしたアグニ独自のハイブリッド構造

間伐材などの針葉樹は高温燃焼になり早く燃え尽きてしまう欠点がありますが、アグニのハイブリッドシステムによりクリーンバーンで不完全燃焼したガスを二つの触媒で再度燃焼させ、熱効率を高めました。
針葉樹の長時間燃焼・完全燃焼を可能にしました。

最高出力 11,520Kcal/h
本体寸法 W660×D620×H710~730mm
最大薪長さ 55cm
価格 ¥550,000(消費税抜き本体価格)
AGNI-C

AGNI-CC

アグニの性能をそのまま引き継ぎ、コンパクトなサイズでどんな部屋にもフィット

フロント・サイド扉は左右の変更ができるためお部屋に合わせて選択可能。
天板には2つの大型グリドル配置し、中火~強火に対応。

最高出力 8,640Kcal/h
本体寸法 W605×D530×H660~680mm
最大薪長さ 45cm
価格 ¥480,000(消費税抜き本体価格)
AGNI-CC