薪ストーブ

ハンター

鋼板製ならではの早い立ち上がりとサイズを超えた暖房能力。針葉樹だろうと竹だろうと何でも燃料に出来る丈夫な設計

鋼板製ならではの早い立ち上がりとサイズを超えた暖房能力。針葉樹だろうと竹だろうと何でも燃料に出来る丈夫な設計が魅力です。

今では当たり前となったクリーンバーン燃焼。ハンターストーブ社ではこの技術を早期に取り入れ、よりクリーンな排気を促す独自のTripleburn®(3次燃焼システム)を導入。

排気ガス規制の厳しいヨーロッパ諸国でも人気があります。
ハンター社は1970年英国南西部のメルズ村で創業。ビルトインボイラーストーブで成長を続け、1996年英国南部に位置するデヴォン州エクセターに拠点を移し、より高い燃焼効率、よりクリーンな排気を可能にした製品を数多く世界へと送り出しています。
伝統的な英国ストーブのデザインを踏襲しながら、現代のライフスタイルに合わせた高技術、高品質を熟練した職人たちの手により生み出しています。

ハンター社は、クリーンバーン方式を早くから応用し、その歴史の中で磨き上げ、独自の燃焼方式Tripleburn®(3次燃焼)へと発展させました。

イギリスでは石炭、コークスをもやし高温にさらされるマルチ燃料ストーブの歴史は1世紀以上。
ハンター社はこの技術を受け継ぎ、マルチ燃料モデルはもちろんのこと、Wood専用モデルとともに高耐久設計となっています。
ハンターストーブは、ユーザーの使い易さと燃料選びの手間を解消すべく堅牢にデザインされたストーブです。

※下の製品名や製品画像からは、ハンターストーブwebサイトの製品紹介ページへリンクしています。

Herald 8

燃料を選ばない、経済的で効率的な薪ストーブ

独自の燃焼方式であるトリプルバーンにより、煙の排出を徹底的に抑えながら高出力を実現。
コンパクトながら、天板も炉内も広く料理に活用できる実用性も兼ね備えています。
高耐久で針葉樹や建築廃材なども燃やすことができます。

最高出力 9,460Kcal/h
本体寸法 W635×D434×H624mm
最大薪長さ 51cm
価格 ¥480,000(消費税抜き本体価格)
Herald 8

Herald 14

1万3000kcal/hに迫る高出力と燃費の良さが最大の魅力

ヘラルド8のひとまわり大きなタイプ。
炉内は12 インチのダッチオーブンが楽々と入れることができ、熱伝導率に優れている鋼板製の広い天板では数種類の料理を一度につくることが出来ます。
ヘラルド8同様、経済的で環境やさしいトリプルバーン採用。

最高出力 12,900Kcal/h
本体寸法 W730×D508×H644mm
最大薪長さ 60cm
価格 ¥570,000(消費税抜き本体価格)
Herald 14

Inglenook

圧倒的な火力を誇る最大級の薪ストーブ

ハンターの頂点に君臨するビッグモデル。
炉内には64cmまでの薪が入り、圧倒的な火力を生み出します。高出力・低燃費で圧倒的に高い容量のイングルヌックは、大きな建物や広い空間を暖めるのに最適です。

最高出力 17,200Kcal/h
本体寸法 W800×D515×H755mm
最大薪長さ 64cm
価格 ¥640,000(消費税抜き本体価格)
Inglenook